読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Macでアプリ開発ブログ

MacによるiPhone&Androidアプリの開発・作成に関するブログ。Macの設定からアプリ開発環境構築、おすすめのツールなど

ハイブリッドアプリの開発環境・フレームワークについて

アプリ開発 Ionic Monaca OnsenUI
スポンサード リンク

ハイブリッドアプリの開発環境(フレームワーク)について、現時点での考えをまとめたいと思います。

※ここで言うハイブリッドアプリとは「Cordova+HTML5+CSS+JavaScript」を想定しています。

ハイブリッドアプリのメリット

ネイティブアプリでは、「iPhoneアプリを開発するための言語」と「Androidアプリを開発するための言語」は全く異なります。

そのため、両方のプラットフォームでアプリをリリースしたい場合、違う言語でアプリを開発しなければなりません。

しかし、ハイブリッドアプリではワンソース(1種類)で複数のプラットフォームに対応することができるので、

  • 工数が少なくて済む(開発が速い)
  • 費用を安く抑えられる事が多い
  • メンテナンス性に優れる

などのメリットがあります。

ハイブリッドアプリのデメリット

少し前までのハイブリッドアプリはレスポンスが遅く、複雑なアプリでは使い物になりませんでした。

しかしデバイスやWebViewの処理能力が上がってきたり、Crosswalkなどのおかげで、現在ではある程度複雑な処理でも問題なく動作するようになりました。

それでもレスポンス面では、やはりネイティブアプリに劣ります。

また、ハイブリッドアプリの開発環境周りが黎明期のため、どのフレームワークを選択するのがベストかを判断するには難しい時期だと思います。

フレームワークの選択

個人的にハイブリッドアプリの開発でオススメするフレームワークは、下記の2つです。

どちらもAngularJSを組み込んでいるフレームワークになります。

しかし、AngularJSが1.xから2.xに変わった事で、MonacaはOnsen UIとAngularJSを切り離す選択をしました。

AngularJSを切り離すことでOnsen UIは他の様々なJavaScriptフレームワークと組み合わせやすくなっただけでなく、今後のAngularJS2.xの動向に左右されないフレームワークとなりました。

一方でIonicはAngularJS2.xを組み込んだ新しいフレームワークをβ版でリリースしています。こちらは現段階での利用は時期尚早かと感じます。

逆にIonicは前バージョン(1.x)の完成度が高いため、まだしばらくはこちらを利用することも選択肢の一つです。